家計の管理が楽になる?クレジットカードの賢い活用法って?

クレジットカードは買い物の支払い時に財布に現金を用意しておく必要なく支払いが出来るので1枚あると大変便利なカードです。
そして、買い物の支払いだけでなく電気・ガス・水道もクレジットカードを使って支払いが可能です。
カードを使って公共料金を支払うといつの間にか永久不滅ポイントが加算されている事もあり目的がポイントで支払い方法をクレジットにする人もいらっしゃいます。
が、クレジット支払いを選択すると口座振替時とは違い月額の割引制度対象から外れる事があります。
現金がとぼしくても買い物できるものはいざという時にあると便利です。
支払だけでなく借金機能がついているのですぐにお金が必要な時にも対応可能です。
作成法は色々ですが、一般的な発行方法はインターネットから申し込みをする方法です。
ネットからの申し込みは現在一般的な方法です。
インターネットを利用しない方法になると申し込み会社からの書類に必要事項を記入し返送する方法があります。
手持ちの現金が乏しいときでも買い物できる1枚、その支払い方法の中には一括・分割・ボーナス・などの選択肢があります。
リボ払いで支払う方法は分割で支払う方法と違っていて残高に応じて決められた金額を月々その会社へ支払います。
月の支払額を一定にできるので家計の管理が簡単になるのが特徴です。
ただ、この支払い方法には手数料がかかりますので毎回選択する事はオススメではありません。
支払いは計画を立てて行う様にしてください。
クレカで使える電子マネーにも様々なヴァリエーションが増えてきて毎日の通勤で利用者が増えてきている「モバイルsuica」や「おサイフケータイ」もそれにあたります。
残金に応じて自動でチャージしてくれるシステムもあり、飲み会やディナーの支払もその範囲で決済することができます。
レジでお金を数える必要が無いので時間が無くて急いでいる時でも慌てなくて済みますね。
まとめて後から請求が来るキャッシュいらずのカードは調子に乗って買い物してしまうと大変ですがこのシステムでは、買い物前に支払が完了しているので安心です。
又、債務不履行になる心配が無いため面倒な審査がありませんから誰でも利用できるのが最大のメリットですね。
キャッシュレスで食事や買い物ができるので支払いが手軽で便利になるカードがありますね。
利用した金額によって永久不滅ポイントが貯まったりイベント開催時には数倍になることもあります。
店員さんに手渡し出てきたレシートにサインするだけなので使い方は難しくありませんが、他人の物を使うと裏面にサインされた筆跡でバレてしまいます。
1ヶ月分の買い物で立て替えられた利用代金は入会契約時に指定された決済日に自動引き落としされます。
通常、1回払いで引き落とされますがネットや電話で変更する事もできます。
クラッシックカードでは得られないステータスがゴールドには与えられていて通常会員が利用できないサービスを受けることができます。
申し込みには勤続年数や年収が数万円以上など、厳しい審査が実施されていましたが近年、より上のランクのカードができたため条件が緩和されてきています。
対象となる会員は数多くの特典を受けることができ、その中には専用デスクの利用、ホテルや航空券、劇場などのチケットの手配などがあります。
年間の会費が無料になるものもありますが、これについては既存会員の中で企業が規定する利用条件を満たした人だけが「お誘い」を受けるシステムなので、こちらから申し込んでも受理されません。
片や会社側で設定 した金額以上の年間決済で次年度の年会費が無料になるものもあり、三菱東京UFJ-VISAでは年間100万円の決済、シティカードジャパンでは年間30万円の決済で適用されます。

プラチナカードは審査厳しい?難易度調査【年収との関係は?】