国民年金基金とか保険とか、わかる?

そう思います。
基礎年金だけではありません。
更にプラスして国民年金基金に加入する人も増えてくると思います。
、国民年金基金に加入し、老後にもらうのか!?このように、個人で色々と考えると思います。
<国民年金基金のメリットについて>しかし、国民年金基金のデメリットもあります。
それが、遺族一時金の条件と言うことです。
<国民年金基金に加入した人が死亡した場合>その遺族に遺族一時金が支払われる「国民年金基金A型」と言うものがあります。
保険同じです。
お金を毎月支払います。
ですから、万が一、家族にお金が支払われて欲しいと思う人が殆どだと思います。
この点で、国民年金基金と言うのは、遺族一時金を受け取れる条件に、生計を共にしている遺族を対象としています。
~と言うことは、子供が巣立ってしまいますよね。
それで一人暮らしの人は、誰にもお金が残せないと言う不安があります。
(汗)それは生計が一緒ではないので、もし、死亡してしまった場合、既にお金は掛け捨てになってしまう不安もあります。
(涙)<一人暮らしの人について>「生計を共にしている」と言う表現が、実際どこまで有効なのか!?この事について確認しておくと良いですね。
その必要があるでしょう。
生計を共にしていると言うことは、通常の意味からして、どのような解釈になるのでしょう!?
保険料は月にどのくらい払う?金額より内容!【注意点とは?】