住宅ローンどこがいいか?どこが得なのか?

今後マイホームを購入される方や住宅ローンを検討している方は、是非、注意して頂きたいポイントがいくつかあります。

これまで経験した事のない高額な買い物になる事間違いなしです。

そのため利息や利子の安さだけでは判断しないようにしましょう。

おすすめは、実質負担額がいくらになるのか?で選びましょう。

どれほど安い金利であっても他の諸費用がかかってしまうと、結果的に損してしまった...なんて方も少なくありません。

そしてその時の景気に合わせて変動金利か固定金利かを選択し、将来の負担を抑えながら総合的に判断する事をお勧め致します。

迷ったら利用者の口コミなども参考にしてみると良いですね。

住宅ローン契約の時、必ず入らなくてはいけない保険があります。

それは団体信用生命保険という名前の保険です。

この保険の内容は、ローンを組む世帯主に万が一の事があった場合、残りのローン残額が0になる保証です。

これは残された家族がローンに困らない様にする為の特別処置です。

団体信用生命保険の保証会社はその銀行によってちがいますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いです。

こちらが保証料を支払う必要がないので、安心して住宅ローンを組む事ができます。

いつかはマイホームを建ててローンを考えている方は、完済するまでに何年で申し込むのか選択する必要があります。

原則として、決められた期間で申し込むのですが本当に満期までかかって返す方は少ないようです。

大部分の方が、借入れをしてから10年以内を目安にしています。

思わぬ臨時収入が入った場合に、まとめて返したい時は繰上げ返済時の手数料が0円の銀行を選ぶとお得です。

将来かかってくる経費と今の状況を合わせて考えながら、月々の支払いが滞ることの無いようにする事が大切です。

今では口コミなども簡単に調べられるので、参考にして下さい。

自分で家を建てたいと思い始めたとき金融機関ならどこでも申請可能な住宅購入時の貸付を頼ると良いです。

申し込み後は初めに審査がありますので、それを受ける必要があります。

パスしないと先にはいけません。

ここで重要とされる基準は年収や勤続年数、また場合によっては仕事内容があります。

さらに、カードローンの利用歴も厳しくチェックすることがあるので今後住宅購入を考えているのであれば無謀な使い方はやめましょう。

できれば使わないのが一番良いです。

住宅ローンを組むにはまず頭金と言う物が必要です。

頭金は一切かかりません!という広告もありますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。

ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が多くなります。

月々の支払いを少なくしたいのであれば、やっぱり最初に頭金を少しでも支払うのがお勧めです。

頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅を買うとなると他の費用もかかりますので目安を20%として、支払える範囲で検討する事をお勧めします。

憧れのマイホームの購入を検討されている方は多いと思います。

購入に当たり住宅ローンを組まなくてはいけません。

住宅ローンは銀行のほかネットバンクや信用金庫などからも申し込みが出来ます。

住宅ローンを組むには、まず審査・金利・諸費用がかかります。

審査時間はだいたい1週間前後のことが多い様です。

金利の決定は契約を結んだ月の金利になります。

諸費用の計算は、借入金額によりますが数百万単が一般的です。

住宅購入を考えても自分の家になるまでこれらの事をクリアして行かないといけません。

契約終了には約3.4カ月かかる事が多いです。

近い将来、新しく家を購入していく計画を立てている方で自分の家族にお金を出してもらい返済していく方は、是非、贈与税というものを理解しておきましょう。

税金の中でも親族などから貰うお金によって税金が発生するもので例えば年間110万円を超えたお金を貰った場合、その内の一割を税金として支払うものです。

110万円以下であれば、税金はかかりません。

この他にも受ける年齢や値段によって細かな規定があるので、返済をしっかりしていくためにも下調べが必要です。

税金についてもう少し、調べておくと良いですね。

将来、新築を希望しているが十分なお金を準備できないそのような時こそ、中古の住宅ローンを考えてみましょう。

けれども、確認すべき注意事項がいくつかあります。

一番は、借りたお金を返す期間が短い点にあります。

これは、ユーズドという面で耐久性が心配されるのもあり少しでも早く、返済を済ませる必要があるのです。

メリットだけを見て選んでしまうと、後から問題が発生したり思っていたよりも高い支払いを迫られるかもしれません。

物件によってはリフォームを必要とする場合もあるので全部で、どれ位の費用がかかるのか計算しておきましょう。

まだ住宅ローンが残っているのに離婚するような事になったら、残りのお金は誰が支払うべきなのでしょうか。

ことさら18歳未満のお子さんがいる場合、ローンはもちろん子供を育てる責任があるので別でお金を払う必要があります。

まず、名義人や連帯保証人などの契約内容を調べお互いが納得のいく内容で取り決めをしていく必要があります。

家を売ってお金にするという方法もありますが、売る価格よりもローンの方が上回ってしまうと、残りの金額を全て負担しなければなりません。

よく話し合ってお互いが後悔のない選択をしましょう。

今すぐにでなくても、いつかは住宅ローンを申し込む方はローンだけでなく仲介料などいくら必要か試算しておきましょう。

一般的には、ローンの約1割程度だといわれています。

謳い文句にあるように低金利だからといって選んでしまうと、ローンに加えて登録費用や保険料も合わせてみると、評判ほど安くならずに残念だったという方もいます。

この為にローン以外の諸費用も細かく調べいくら必要か、これらを総合的に計算してみる必要があります。

分りやすく言うと、金利の安い銀行や手数料が無料のところではその他の費用でかさむ場合もあるので注意しましょう。

近々、自分の持ち家を新しく建てる予定のある方お金はいくらかかるのか、何年かけて返済していけば良いのか、知りたい方はシミュレーションで試算してみると良いでしょう。

まとまったお金が入った時の返済を利用するのか、返済を始める月はいつからにするのかまで設定でき、準備すべき住宅ローンの金額が分るので計画を立てやすいです。

どこの会社も無料で算出できるサービスが豊富なので、自分の予算に合わせて比較検討してみて下さい。

ただ、これが明確な数字ではないので注意しましょう。

分らない点は実際に店舗に行って相談してみると良いですね。

自分の家を建てたい!と思ったとき銀行・信用金庫など金融機関で申し込み可能なマイホーム購入時の融資が役立ちます。

とはいえ、金融機関はたくさんあるのでどこの商品がよいのか迷ってしまう方も多くいらっしゃると思います。

選び方を挙げるとすると、行きやすい金融機関でも良いですし不動産屋から紹介されたところやネットバンクなどでも受け付けることができます。

けれども、どのパターンでも審査というのもが必ずあり申込者全員が通る。

という事でもないので注意してください。

毎月の住宅ローンの支払いをしているとまとまったお金が手元に入る事もあるかと思います。

そんな時は、是非繰り上げ返済を検討してみましょう。

繰り上げ返済とは月々のローンとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり方です。

繰り上げ返済をすると、ローン元金を減らす事が可能ですので、借入額を減らす事ができます。

元の金額が減るので、月の返済金額も減ります。

繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。

自分の家を買う時の支払は現金1回で済ませる。

この様なパターンは、あまり多くありません。

世間一般には、住宅ローンで借金をするのが普通です支払に関して、何に一番気を使うか?尋ねるとなんといっても、毎月の支払をやりくりするのが大変と思われる方が多いです。

支払は最長35年にもわたってし続けなければいけません。

支払いをしている間は、金利状況も気にしつつ人生は突然何かが起こるものです。

途中で病気に倒れる可能性もあります。

そのため、慎重に考えたうえで借金をすると良いです。

今、住宅ローンを返済中の方も将来組む予定のある方もこの情報を知っているかどうかで10年後に得する是非試して頂きたい節税の秘訣をご紹介したいと思います。

1年間で30万円ほどの節約になるかもしれないので、今からでも条件に当てはまるか確認してみて下さい。

新しく家を建築された方が申請対象者となれますし、もしくは今お住まいの家を増改築した方が当てはまります。

そして最低でも10年以上のローン期間があることが条件です。

今挙げたもの以外でも様々な決まりがあるので、しっかり確認して税金を減らして他の事にお金を使えるようになると良いですね。

引用:住宅ローンはどこがいい?おすすめランキング【借りるならどこ?】